治療例

下顎前突
(かがくぜんとつ/受け口)
治療例を見る

いわゆる受け口のこと。
下の前歯が上の前歯よりも前に出ており、反対咬合ともいいます。上あごと下あごの成長差、前歯が生え変わるときの不正などによって起こります。発音がはっきりしなかったり、食べ物がかみにくくなり、そのままにしておくと、下あごが成長しすぎて顔貌の変形が起きたりします。かみ合わせの治療により、上あごと下あごの成長のバランスを整えます。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ/出っ歯)
治療例を見る

上の前歯が前に突き出たかみ合わせのことです。幼少期の指しゃぶり、舌癖、口で息をする癖、上あごと下あごの成長差などによって起こります。口元が出てしまい、口が閉じづらく、外傷により歯が欠けたり、折れたり、抜け落ちたりしやすくなります。お子さんの場合、正常な下あごの成長を阻害する場合もあります。

叢生
(そうせい)
治療例を見る

デコボコの歯ならび(乱杭歯)で、歯が重なりあって生えてきたり、犬歯がとび出したりします。歯の大きさと顎の大きさのバランスが悪かったり、乳歯の虫歯がひどかったりすると起こります。見た目の問題だけでなく歯みがきがしにくく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

開咬
(かいこう)
治療例を見る

歯をかみ合わせたとき、奥歯はかんでいるのに、前歯の上下の歯の間に隙が開いた状態をいいます。指しゃぶり、舌癖、上下のあごの発育不正などによって起こります。前歯がかみ合わないため、前歯で食べ物をうまくかみ切ることができず、奥歯への負担も大きくなります。

過蓋咬合
(かがいこうごう)
治療例を見る

かみ合わせが著しく深い状態をいいます。上あごと下あごに成長差があるときや、奥歯がなくなったときなどに起こります。