小児歯科

子どものための小児歯科って?子どものための小児歯科って?

小児歯科とは、どんなところだと思いますか?
そもそも、なぜ小児と成人を分ける必要があるのでしょうか?
実は同じ歯科でも、小児と成人の治療とはまったくの別物。
歯の形や生え方、治療の方法、使う器具や材料も違い、
小児歯科は一般歯科とはすべてに異なる視点、対応が求められるのです。
カムカム矯正・小児歯科は「子どもが行く小児歯科」ではなく、
「子どものための診療ができる小児歯科」と自負しています。
それぞれのお子さんの年齢や状態に合わせた適切な対応や治療ができる、
それが、私たち小児歯科の専門医です。
お子さんのお口のことで、不安や気にかかることがありましたらご相談ください。

歯医者さんってコワくないんだ!歯医者さんってコワくないんだ!

カムカム矯正・小児歯科は、「歯医者嫌い」の子どもをなくしたいと思っています。
子どものときに歯医者嫌いになってしまうと、大人になってからも、
多少歯が痛くても、がまんして治療をうけず余計に歯を悪くしてしまったりします。
「乳歯の虫歯はいずれ生えかわるからいいや」と思っている方もおられます。
しかし、乳歯の下には永久歯の芽があり、乳幼児期は永久歯の発育に大きく影響します。
言わば、乳歯は親で永久歯は子。乳歯の虫歯を放っておくと、永久歯に上手く生えかわることが
できず、歯ならびも悪くなってしまうことがあります。
また、歯が悪いとよくかめないため、あごの発育が悪くなってしまうということもあります。
当院では、治療だけでなく予防にも重点をおき、
乳幼児期からきちんとお口のケアをする習慣づけをお手伝いしています。
お子さんが将来、虫歯や歯周病のことで困らないためにも、
乳歯の時期から気にかけてあげましょう。

小児歯科

初診相談

初診時は、痛みがある場合などを除き基本的に治療は行いません。お口の中を見たり、治療のお話をしたり、器具に触れたりし、医院の雰囲気に慣れてもらうことからはじめます。
また、治療はお子さんひとりで入室する方針をとっています。一般的に保護者の方と一緒でない方が甘えたりせず治療がスムーズに進み、「自分の歯を治そう」という意識も芽生えやすくなります。

虫歯治療

虫歯は自然治癒がないため、放っておくと進行します。早期発見、早期治療により、小さな虫歯のうちに虫歯の部分だけを最小限に削り、歯と同じ色のつめ物で修復します。
治療の際には、薬物、器具などの誤飲防止のため「ラバーダム」というマスクを使って治療します。お子さんに負担が少なく衛生的で安全な治療を可能とします。

虫歯予防

お子さんそれぞれの虫歯のリスク(カリエスリスク)をチェックし、生活習慣や口腔環境、歯質等に合わせて「小児専門のオーダーメイド予防プログラム」をご提案します。

ブラッシング指導・
仕上げみがきの大切さ

予防で一番大切なのは歯みがきです。お子さんに合った正しい歯みがきの方法をお話し、練習します。その際、大切なのはご家族の丁寧な仕上げみがきです。小学校高学年にもなると、何もいわなくても、ひとりでみがくようになるかもしれません。けれども、自分では見えない奥歯や歯の裏側まできちんとみがくことは、大人でもむずかしいものです。小学生の間はできれば保護者の方が仕上げみがきをしてあげてください。

定期健診でできること

子どもは日々成長しています。4〜6ヶ月に一度、定期的な小児歯科健診をおすすめします。定期的な健診を受けることで、お子さんのお口の健康維持や虫歯予防に役立ちます。また、歯ならびやかみ合わせもチェックし、適切な矯正治療時期を見逃すことも少なくなります。そして、お子さんが自分のお口のことに関心をもつようになり、予防意識の向上にも役立ちます。