治療方法

歯の表側からの矯正治療

歯の表側にマルチブラケットという装置をつける、最も一般的な矯正治療法です。当院では主に、審美性にすぐれた透明なプラスチック製またはセラミック製のブラケットと、弾力性のある形状記憶合金でできたワイヤーにて治療を行います。
目立たない矯正装置で痛みも少なく、耐久性にもすぐれています。ワイヤーはそれぞれのお口の状態や治療の経過などにより調節します。
(※ご希望によりエステティックワイヤーの使用もできます。)

歯の裏側からの矯正治療

歯の裏側に矯正装置をつける治療法で、舌側矯正とも呼ばれています。外から見えないという大きなメリットがありますが、歯の裏側に矯正装置をつけるので歯ならびの状態やかみ合わせによっては、うまく治療ができない場合もあります。舌側矯正は違和感があり、しゃべりにくい、食事がしにくいなど患者さんの負担が大きくなります。

透明なマウスピース型の矯正治療

透明で薄く審美的に優れたマウスピース型の可撤式矯正装置で「見えない矯正」と呼ばれています。見た目を気にして矯正治療に踏み切れなかった方におすすめです。ただし、適応をしっかりと判断する必要があります(的確な検査と適応の見極めが必須となります)。

ミニインプラント
(ミニスクリュー)による矯正治療

「インプラント矯正」ともいい、小さなスクリューを歯ぐきにいれ、これを土台(固定源)にして歯を動かす方法です。後ろの歯が前にずれこまないなどのメリットがあります。

ホワイトニング

当院では、矯正治療後に患者さんのご希望があればホワイトニングにより、よりきれいにとの想いに応じることができます。